こんな仕事もうしたくない!

5年間勤めてきた会社で、特に問題もなく、勤めていたのですが、将来的な事を考えて上で、もっと安定した企業に勤めたいいという願望が芽生えて来ました。
私が就職活動をしたときは、ちょうど就職氷河期と言われていた時代で、なんとか頑張って卒業までに内定をもらえた会社が3年間努めた中小企業でした。

5年勤めていた仕事には正直不満はなかったのですが、もっと大きな仕事に挑戦したいという考えが大きくなっていきました。
もっと自分の実力を知りたい、もっと責任ある仕事をしてみたいという気持ちから、私は転職する事を決意しました。

とは言え、転職活動というのはどうすればいいのか?正直あまりよくわからない状態でした。

例えば、新たな会社の探し方や面接などの選考の受け方、在職しながら探してもいいのか?それとも転職活動をする前に離職るすべきなのか?いろんな疑問が湧いてきました。

私の周りには転職した人はいませんでした(離職してフリーターになった人はいたのですが・・・)

そこで、インターネットでいろいろと調べてみると、転職サイトなるものを発見しました。
このサイトに登録すると、転職に精通したスタッフさんが、転職活動の支援をしてくれるというものでした。その上、すべて無料というのだから驚きました。

登録するだけなら、特に離職しなくても可能だろうと思い、とりあえず登録してから離職してから転職活動をしても良いのか相談しようと思いました。
結果的に、仕事を続けながら転職活動もできるし、円満退職も出来るように様々なアドバイスをいただけるという事で、私は離職せずに転職活動をする事に決めました。

正直、もし離職して転職活動をする方がいいと言われたら、転職できるその日までの生活できるのか?ちょっと不安でしたので、ホッとしました。

希望の職種や職場の環境、通勤時間などいろんな要望にも答えてくれますし、久しぶりに書く履歴書のアドバイスや、面接の対応など教えてくれるので本当に良いなと思いました。

おかげさまで、円満退職もできましたし、今は新しい職場で頑張っています。

転職ですが、いま所属する会社から別の会社に転職すれば、それまでの職歴に関係する会社なら
それなりの待遇で始められることもありますが、未経験の業界への転職なら、0からのスタートになります。

今まで何年か、何十年かかけて積み重ねたことから得られるメリットを捨てて、未経験への業種に入る事、
これは、ある意味人生リセットボタンを押したようなものです。何か勝算が見いだせるならいいですが、
何かなんとなくそっち方面の仕事したいな~とか、今の仕事飽きたな~と言った軽い感じで転職するのは
危ういと言わざる得ないです。

それでも、家庭を持たない独り身の人なら、軽い感じで転職するのもまあいいかもしれませんが、
結婚して、養うべき妻や子供がいたら、そんな軽い感じの転職はしてはいけません。まあ、奥さんが反対すると
思いますが。きちんと、転職後の収入の見通し、増えるのか減るのか、どれくらいの幅なのか、ボーナスは
どうなるのか、福利厚生はどうなるのか、其の辺を判断してから、慎重に慎重になった上で、転職を決断するべきです。

転職をする際は、自分で活動してもいいですが、転職サポート会社の助けを借りるのもありです。
色々と有意義で貴重なアドバイスが受けられると思います。

私は4年前、あるフレンチレストランで働いていました。ですがある日オーナーシェフが夜逃げをしていきなり無職になってしまいました。

しかも、給料日の前日だったのでお金もまったく無い状態でした。
すぐにでも新しい職を探さなければいけない状態でした。

オーナーシェフへの怒りもありましたが、そんなことよりもとにかく求人情報をネットで検索。
「求人 調理師 正社員」
正直、この不景気で職なんて無いと思っていたのですが検索してみると結構あるので驚きました。
「正社員」に特にこだわって探してもかなりの求人がありました。

レストラン業界は給料が安くて、休みも少なく「自分の店を絶対に持つんだ。」という強い意志と目標が無いと大変な業界でした。
私にもそのような目標を持っていたのですが、すっかり心が折れてしまいレストラン業界には行きたくは無かったので学校給食の仕事を探していました。

なぜ学校給食なのかと言うと、調理師学校時代の友人が学校給食の仕事についていて仕事は確かに辛いがその分休みが多いと聞いていたからです。
レストランで働いていた時は休みは週に一日。夏の休暇は無し。年末年始も仕事でした。

なので私には学校給食の仕事はとても魅力的でした。

現在、希望通り学校給食の仕事に就く事が出来、満足しています。

主人の会社ではこの2年で3人の転職希望者が出て、3名とも退職していきました。

でも、そのうち2名は結局戻ってきて、元の部署で元の仕事をしています。
条件がいいと思って入社した会社でも、蓋を開けて見ると意外と見えない部分が多い物なのでしょう。
まだやり直せる年齢のうちにと焦ってしまう時期なのでしょう。

そんな事もあり、主人とよく転職の話をするようになりました。
最近では、早期定年を勧める会社も増えてきているようです。
私の周りでも時々耳にします。

55歳で早期定年をして転職するのと、60歳で通常定年をしてまた新しい仕事を見つけるのとでは
早期定年の方が年齢も若いし、転職しやすい気がします。
早期定年の方が退職金も多く、次の仕事の条件も良くなることを考えると、早期定年する方が賢明だと思う反面、
今の世の中、新卒でもなかなか仕事が見つかりにくいのが現状です。

55歳でそう条件のいい転職先が見つかるとも限りません。
そうするとやっぱり確実に60歳まで働く方がいいという考えに至ります。
そうやって迷ってるうちに転職のタイミングを失くしてる人は多いと思います。

男性にとって転職は、本当に大変な事だと思います。
タイミングと会社選び、慎重にならないといけないですね。

 転職の動機は人さまざまだと思います。「会社を辞めたい」「仕事が自分に合わない」「好きなことをしたい」など。
 
私が会社を辞めたくなった時、会社側も私に辞めて欲しいと思っているのではないかと思っていました。私は「あと3ヶ月精一杯やって辞めよう」と決心しました。「あと3ヶ月頑張ったら辞めれるのだ」と思うことで、かえって仕事に集中でき、会社も楽しくなり、上司や同僚に熱い友情を感じました。それでも他にしたい仕事があったので、それから3年後に会社は辞めました。しかし自分が変わったことで見えるものが変わり、会社に愛情が持て、辞めれる時は寂しかったし、今でも上司と同僚の思い出は笑顔のままです。

今の仕事よりも他にもっとやりたい仕事を見つけた時、潔く仕事を変われず、転職するのが不安になることもありました。「転職できるだろうか」「収入は減ってしまうだろうか」「新しい環境は自分を受け入れてくれるだろうか」など、転職してやっていけるのかかなり不安になり、自分のやりたい仕事に対して行動できずにいました。

そんな時、友人が「同時に2つの仕事をやってみたら?」とアドバイスしてくれました。私はすなおに助言を受け入れて自分の本当にしたい仕事を副業的に始めました。始めてから2、3年は「時間がない、時間がない」といっていつも時間に対してシビアになっていきました。家族や友人はよく協力してくれました。また周りに迷惑も掛けたと思います。とうとうあこがれの仕事を本業にできた時、自分一人の力で生きているのではないこと、自分が仕事をすること自体、自分一人の力でできるのではないことを思い知らされました。自分の身の丈を学びました。転職して学んだことはたいへん大きなものでした。
 

今の職場に不満や不安、ストレスを感じるといつも頭をよぎる「転職」の2文字ですが、なかなか実行に移すには難しさがあるかもしれません。その理由は、経済的なものであったり、家族などのプライベート的な背景であったり、何より自分自身の精神的なものであったりといろいろあるものです。

一般的にいうと、日本ではまだ「転職」いうとあまり好意的な受け止め方をされません。「一企業に入社したら定年雇用が当たり前」という固定概念が今でも強く、「定年雇用こそが人生の安定につながり、社会的に人格者と認められる」という暗黙の安心感ルールがあるようです。
しかし一方で、欧米ではヘッドハンティングを含めて能力のある人はどんどん転職を繰り返し、ビジネスのステップアップとスキルアップをしています。逆に、転職にチャレンジすることなく一企業に定年までいることが「能力がない万年社員」という社会的評価を受けることもあります。

日本も徐々に能力で評価される時代になってきています。
今はこれまでの固定概念を打ち破る過渡期なのかもしれません。若いベンチャー企業がどんどん出てきており、新しい風が吹いています。
今、もし満足できない状況下にいるのなら、人生を無駄にしているようなものです。
もし自分の能力を信じて新しい世界に踏み出す勇気と努力、何があってもポジディブに考えられる思考の柔軟さがあれば、きっと転職は人生を豊かにしてくれる扉となるに違いありません。

私は自営で生花小売業をやっています。つまり「町のお花屋さん」です。きれいごとの商売のようですが、実際にはかなりの肉体労働です。切花の処理ではバラの刺や枝モノで怪我をすることも少なくありません。

またうちの店は鉢花や植木類にも力を入れていますので、お客様のお宅におじゃまして、木の植え付けをしたり、ガーデニングのお手伝いをしたりという仕事もあります。時には「植木屋さん」のような仕事もしますから、体力がなければとても勤まりません。

年とともに体力は当然落ちてきますから、「いつまでできるか」という不安は常にあります。それとは別に、毎日の業務で感じている悩みは「仕入れが読めない」ということ。店を始めてもう10年以上経ちますが、いまだに「なにをどれくらい仕入れるのがベストか」が正確に把握できないのです。

もちろん花には季節がありますから、たとえば夏なら「ヒマワリが売れる」ことはわかっています。しかし、天候にも左右されますし、客商売には「魔日」と言って、天候や時期など状況は整っているのに、なぜかお客様がまったくいらっしゃらない、「店は閑古鳥が鳴いている」という日が、時としてあるのです。

切花は生ものですから、商品として店における日数は限定されます。ですから、できるだけ過不足ない仕入れを心がけているのですが、往々にして「読み」が外れてしまうのです。10年以上やっても読めないのですから、おそらく一生むりでしょう。これが実際の経営上の、一番の悩みといえると思います。

入社した時から考えていたのです。ここでは働けない、だから一年経ったら転職しようと考えていたのです。その一年がやってきました。そろそろ転職先を探さないといけません。

最初からこの仕事が好きではありませんでした。私は椅子に座っている事ができません。できたら、営業をしたかったのです。でも私は事務職を任されました。営業は無理だと言われたのです。

それが嫌で転職したかったのです。一年経って営業職に転職を考えているのです。営業だったら、もっと楽しく働けます。ずっと座っていないで、外回りに行けるのです。難しいかもしれませんが、私は頑張れます。自信があります。

事務職とは違った仕事に転職してみたいのです。うまくいくかは、正直わかりません。やってみないと、何もわかりません。でもきっと楽しいと思いますしたかった仕事なので、とても楽しい毎日が待っているでしょう。

転職って簡単に考えてはいないのです。できないかもしれません。できなかったら、またここで働くしかないのです。それが嫌なので、早くいい仕事を探しています。きっと転職して、これからの生活、楽しくして見せたいです。
入社してちょうど一年です。この夢を早く叶えたいのです。