転職は転機

 転職の動機は人さまざまだと思います。「会社を辞めたい」「仕事が自分に合わない」「好きなことをしたい」など。
 
私が会社を辞めたくなった時、会社側も私に辞めて欲しいと思っているのではないかと思っていました。私は「あと3ヶ月精一杯やって辞めよう」と決心しました。「あと3ヶ月頑張ったら辞めれるのだ」と思うことで、かえって仕事に集中でき、会社も楽しくなり、上司や同僚に熱い友情を感じました。それでも他にしたい仕事があったので、それから3年後に会社は辞めました。しかし自分が変わったことで見えるものが変わり、会社に愛情が持て、辞めれる時は寂しかったし、今でも上司と同僚の思い出は笑顔のままです。

今の仕事よりも他にもっとやりたい仕事を見つけた時、潔く仕事を変われず、転職するのが不安になることもありました。「転職できるだろうか」「収入は減ってしまうだろうか」「新しい環境は自分を受け入れてくれるだろうか」など、転職してやっていけるのかかなり不安になり、自分のやりたい仕事に対して行動できずにいました。

そんな時、友人が「同時に2つの仕事をやってみたら?」とアドバイスしてくれました。私はすなおに助言を受け入れて自分の本当にしたい仕事を副業的に始めました。始めてから2、3年は「時間がない、時間がない」といっていつも時間に対してシビアになっていきました。家族や友人はよく協力してくれました。また周りに迷惑も掛けたと思います。とうとうあこがれの仕事を本業にできた時、自分一人の力で生きているのではないこと、自分が仕事をすること自体、自分一人の力でできるのではないことを思い知らされました。自分の身の丈を学びました。転職して学んだことはたいへん大きなものでした。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>